エヴェで~

山口の下関で遊戯王してます。

まっきまっき魔術師

今回は魔術師のというよりはこの前使った構築の解説です
魔術師ストラク発売前から割と強いなと目をつけていて発売後数人と構築をシェアしながらフィードバックを反映させながら実際に四日市で使った構築がこちらです

【モンスター】26 
増殖するG ×3 
EMドクロバットジョーカー ×1 
調弦の魔術師 ×3 
紫毒の魔術師 ×2 
虹彩の魔術師 ×3 
慧眼の魔術師 ×2 
竜脈の魔術師 ×1 
ドラコニアの獣竜騎兵 ×1 
召喚師アレイスター ×1 
十二獣モルモラット ×3 
十二獣サラブレード ×3 
十二獣ヴァイパー ×1 
賤竜の魔術師 ×1 
EMキングベアー ×1 
【魔法】8 
十二獣の会局 ×3 
ハーピィの羽根帚 ×1 
ペンデュラム・コール ×1 
炎舞-「天璣」 ×1 
召喚魔術 ×1 
強欲で貪欲な壺 ×1 
【罠】6 
次元障壁 ×3 
虚無空間 ×1 
王宮の勅命 ×1 
時空のペンデュラムグラフ ×1 
【エクストラ】15 
召喚獣メガラニカ ×1 
召喚獣メルカバー ×2 
爆竜剣士イグニスターP ×1 
スターダスト・ドラゴン ×1 
十二獣ワイルドボウ ×1 
十二獣タイグリス ×1 
十二獣ブルホーン ×2 
十二獣ドランシア ×2 
ダイガスタ・エメラル ×2 
星刻の魔術師 ×1 
深淵に潜む者 ×1

【サイドデッキ】 15 
D.D.クロウ ×1 
飛翔するG ×2 
浮幽さくら ×1 
幽鬼うさぎ ×1 
暗黒のマンティコア ×2 
ブラック・ホール ×1 
サイクロン ×2 
コズミック・サイクロン ×2 
揺れる眼差し ×1 
激流葬 ×1 
永遠の淑女 ベアトリーチェ ×1


敢えてカテゴライズするなら召喚十二魔術師とでもいうところですかね

このデッキの目指すは召喚権を残したまま調弦(慧眼込み魔術師2体でも可)+レベル4をペンデュラムするorこれにモルモを追加です
賤竜or虹彩+慧眼+会局の様なテンプレ展開は他に解説してある記事をよく見るので割愛します

前者は調弦から慧眼をSSした後に星刻を出して慧眼素材でアレイスターサーチ後アレイスター+4でブルホーン出して後はフォトスラアレイスターの動きと同じことをすると
星刻、ドランシア、エメラル、メルカバーの完成です

後者はモルモでドランシア+エメラルを作成した後調弦+慧眼で星刻出して慧眼取り除いてアレイスターサーチして4+アレイスターでランク4(能動的に素材が落とせるやつ主に深淵かエメラル)でアレイスターを墓地に送り召喚魔術発動でメルカバーを出すと
ドランシア、エメラル、星刻、ランク4、メルカバーの完成です

召喚権を使っている際はスターダストやブルホーンなどその場で最善と思う場を作ります
テンプレートな展開には分類していませんが時空のペンデュラムグラフを構えられることも多く前と後ろに妨害を配置でき先手としてはなかなか強固な布陣を作りやすいデッキです

採用に関してですが
【モンスター】
魔術師
慧眼2
竜脈1
虹彩3
紫毒2
調弦3
賤竜1

基本的に必要最低限に抑えてます
基本ペンデュラムテーマはギミックとなるカードはフル投入するのが好ましいと思ってるのですが魔術師に関しては調弦のペンデュラム以外は慧眼絡みの展開か虹彩を破壊後ペンデュラムぐらいしか明確に強い動きがなくその他の魔術師がかさばっても何も起こらないので少なくしています
魔術師を減らすことによるネックとして慧眼の発動ができなくなるのも十二要素を増やしキングベアーへのアクセスを増やすことで賄っている感じです
ただ紫毒に関しては実践を行うと非常に強く増量してよかったなと思います

《慧眼の魔術師》
全ての魔術師のプロキシになりかつ光属性なのでメルカバーを作れるため動きに絡むかが非常に重要になります
特筆した使い方もなく単純にテキスト通りの強さを発揮してくれます

《竜脈の魔術師》
慧眼と調弦の選択肢として1枚はあっていいかなと思います
スケール効果は使用頻度が低いですが裏守備に触れたりメインフェイズで使えたりと紫毒とは差別化できていると思います
竜脈は通常モンスターなのでエメラルで蘇生でき調弦から引っ張ってくることで疑似的なガガガザムライとなるのも有り最低限のスケールにもなるので1指しといていいカードだと思います

虹彩の魔術師》
サーチできるのは星霜と時空の2種ですがこの構築だと時空のみとなります
それでもドランシアや会局で虹彩破壊して時空構える動きが強すぎるため最大限3枚採用しています
スケール効果も地味ながら優秀です

《紫毒の魔術師》
後手の初動としてはドランシア、魔封じに触れたりと最強カードです
スケール効果、モンスター効果共に非常に優秀でまたそれぞれの効果がシナジーしているため相手からしたらなかなかに厄介なカードだと思います
スケール効果の上昇幅がとても大きくミドラーシュの戦闘破壊やETでのパンプやワンキルをする際など実践でも非常に活躍し常にこの効果を頭に入れつつ試合をする必要があります

調弦の魔術師》
カード1枚でランク4orレベル8シンクロにいけるシンプルに強いカードです
制約の都合紫毒を残して置いて置物にするなどはできませんので注意しましょう
手なりで守備表示で出しがちですが紫毒の対応モンスターですので場面次第ではきちんと攻
撃表示で出すのも忘れずに
スケール効果も地味に優秀で打点の心もとない魔術師の弱さを程良く補完してくれます

《賤竜の魔術師》
レベル6なため使いにくい場合もありますが虹彩or賤竜+慧眼+会局などの展開で使用したり2本目から調弦からリクルートしベアトを作りマンティコアループを行ったりと竜脈と同じで1枚入れるだけで動きに幅がでるので入れとくが吉だと思います
調弦を回収する動きとノイド相手よ煉獄の虚夢ケアが基本的に多いかなと思います

魔術師以外の採用カード
十二獣をかなり多めに採用しているのとアレイスターの採用が目新しいかと思います
どちらも魔術師というデッキと非常に相性がよくしっかりと初動となるため使いやすかったです

《ドラコニアの獣竜騎兵》
《EMキングベアー》
結論から書くと個人的には両方必須だと思います
ドラコニアは下スケールが欲しくなることが多いのと4の補充として必要でキングベアーは上スケールであると共に慧眼の発動条件を満たせるためそれだけで採用するに値する価値を持つモンスターです
スケール効果はほぼ意味を持ちませんが持ってこれるスケールというだけで大事です

《十二獣サラブレード》×3
《十二獣ヴァイパー》
《十二獣モルモラット》×3
モルモ3は説明不要ですがサラブレとヴァイパーの説明を
この構築はスケールをブルホーンから持ってくることが多い都合上十二要素を多くしたくてその中で被っても強く初動として申し分なくペンデュラムしても強いサラブレは最大数投入しました
最初はヴァイパーと2枚ずつだったのですがヴァイパー被りがあまり強くなくモルモ+ヴァイパーも特別何か起こるわけでもなく微妙に感じ調弦+4のパターンの時とサーチしないといけない時用に1枚に減らしてます
十二要素を多くしているので被った際にペンデュラムできる機会も多くあるのでそういう時はモルモの召喚時の効果は積極的に使いうさぎのミスリードを行うことが多いです

《EMドクロバットジョーカー》
チカラ。アバレ

《召喚士アレイスター》
元々召喚獣要素はなかなか強いと思っていたのですが召喚十二は借りて回しても余り強いと思えずライトロードとかに混ぜるなら使おうかなぐらいの印象でした
そんなところに魔術師がリリースされフォトスラが大量に入ってかつアレイスターを1枚だけでいいデッキが作れそうなのと障壁を直撃しないという意味も込めてかなり速い段階から着手しました
召喚権こそ残す必要がありますがペンデュラムできない際の時間稼ぎもでき打点のかさましもできるため大変使いやすく気に入ってます
召喚魔術の素引きだけはどうしようもありませんがそこに目を瞑ってでも採用する価値があるかなと思います
基本はメルカバーを狙いますがメガラニカ出した後にアレイスターのパンプ効果で4000を叩き出せるためメガラニカも積極的にプレイすることも多いです

《増殖するG》
説明不要
こいつ引きたいからデッキは40枚です


【魔法】
カードパワーの高いものを必要最低限入れてます

《ハーピィの羽根帚》
元々十二召喚獣の神の通告以外に剥がしたいカードがなくいらにいと思っていたのですが新制限で召喚獣が流行りそうなのとデッキ分布が不明だったのでお守りの意味を込めての採用でした
四日市杯の少し前にチェレンコのブログが公開されその採用レシピには通告がなく本人の影響力や新制限故のデッキが無い人がすがりつくことを思うとなくてもいいかなと思っていたのですが不安なので一応メイン採用にしました
正直環境推移次第ですけど四日市の時点ではいらなかったなと思います

《強欲で貪欲な壺》
ペンデュラムテーマ故初動の手数は多ければ多いほど強く飛んで致命的なカードもなんだかんだ少ないので1枚だけ採用しました
特に弱い場面もなく採用してよかったと思います

《ペンデュラムコール》
調弦のおかげで一気にパワーが上がりました
時空のペンデュラムグラフとのコンボが狙えたりもしますが基本は調弦+足りないスケールを揃えるために使います
竜脈からドランシア破壊を狙えたりするなど破壊耐性効果が優秀ですが今はコズミックサイクロンがあるため過度の信頼は厳禁です
略称はペムールを推奨します
イラストから滲み出る水の都感が出てて非常にいいと思います

《炎舞-「 天璣 》
十二要素を増やしたいという意向なので入れない意味ないです

《十二獣の会局》
召喚権を使わずモルモを出せるだけでなく虹彩や紫毒を破壊することで爆発的なアドバンテージの獲得が見込めます
被った際も3枚採用してあるサラブレでドローに変換すれば無駄がなくデッキ無いに十二獣が多いため維持した会局が次のターンからも相手のプレッシャーとして圧をかけることができます
3確定で揺らぐことはないと思います

【罠】
メインはマンティコアが入っていないためGの止まり所とサラブレやエメラルのドローする際の着地点を求めて大体期待値1に近い6枚採用しています

《次元障壁》
これもまた特に理由はなく単純にカードパワーを評価しての採用です

《虚無空間》
《王宮の勅命》
元々キービートルを採用していたこともあり最強の永続2種を採用していたのですがキービートルが抜けても伏せ割りに弱いなど関係なく単純に強すぎるためデッキとの相性もよく文句なしのメイン採用です
後手でもドランシアさえ全力でどけていれば以外と使えることも多くカードパワーにより無理やり捲れることも少なくありません
どちらも召喚獣のループを止めれるのがいいですね

《時空のペンデュラムグラフ》
素引きも強く虹彩からサーチすればなお強い非常に優れた罠です
戦乙女の契約書に近い印象ですが後から出ただけあって効果ははるかに強いです
魔術師を使う理由の一つにもなりうるパワーカードですが発動が名称ターン1であるので被った際にとうしても弱く虹彩のサーチ対応であるのもあり1枚の採用にしました
正直複数採用も視野だと思います


エクストラデッキ
召喚獣メルカバー》×2
召喚獣メガラニカ》
召喚獣を回す際に必要最低限必要と思った3枚に抑えてありますがメルカバーの2枚目は実践で出すことがなかったので変更の余地があるかもしれません

《爆竜剣士イグニスターP》
相も変わらず最強の返しカードです
ダークシミターのようなやっかいなカードからメガラニカの様な高打点に伏せとなんでも触れます
自分の虹彩を破壊して自身を戻しておくことも可能ですが調弦しかチューナーを採用してないためその展開はほぼすることがなくなりました

《スターダストドラゴン》
召喚権を使用した後の調弦+4の展開の時に置く置物としてカンゴルゴームと悩んだのですが眠りや会局を止めれる点を評価してこっちを採用しました
実際ドランシアを無力化できたりブラホを止めたりとしっかり活躍しました

《十二獣ワイルドボウ》×1
《十二獣タイグリス》×1
《十二獣ブルホーン》×2
《十二獣ドランシア》×2
よく採用を見かける6枚です
このデッキは自分のターンにドランシアを使ったり
ドラコニアとキングベアーを両方サーチする場合も多くモルモ展開のモルモ×2でブルホーンを正規エクシーズすることが結構あります

《星刻の魔術師》
基本アレイスター、調弦、ドクロバットのどれかを加えることが多いです
時空のペンデュラムグラフを一緒に構えると非常に堅いためサーチできた際は積極的に狙います
闇魔法使いなので各種魔術師のスケール効果の対応となるのは常に頭に入れておきましょう

《ダイガスタエメラル》×2
純十二獣に近いこともあり十二獣を途切れないようにする目的と竜脈を蘇生して疑似ガガガザムライとしても使うことができるよう2枚採用しています
2枚目のエメラルはあれば非常に使いますし勝敗に少なからず絡むので他のカードよりは優先順位は高いです

《深淵に潜む者》
主に60枚デッキ相手は先行でたてます
他にもファーニマルの様な地雷枠で墓地利用の多いデッキにあるとないとでは大違いなので入れない意味はないと思います

【サイドデッキ】
先手様のマンティコア+ベアトと残りは後手用のカードです
デッキ分布がまだ不明だったのですが三重周辺はノイドが余りいないと聞き少し意識を薄くしていますがしっかり見るなら皆既2枚とプルガトリオら採用するつもりでした
特別目立った物もないので割愛しますがベアトとマンティコアだけ書いときます
《暗黒のマンティコア
《永遠の淑女ベアトリーチェ
マンティコアですがメイン採用については先行の確率が5割かつ相手がG持ってる確率が3割でかつこっちがループに行け相手にDDクロウが入っていないって成功までのプロセスが余りにも多く(クロウに関しては一応メルカバーでケア可能な時もある)ゴミ2枚をメインに入れるのは現実的ではないと思いサイドに回しました
ベアトは入れておくことで賤竜又はキングベアー+マンティコア1体と場か手札に獣戦士がいるだけでマンティコア2体が揃うので2本目にマンティコアを入れてる以上確実に成功させる必要があるため採用しています
頭に入れておくべきことは調弦から賤竜が出せることですね

【今回採用しなかったカード】
《竜剣士ラスターP》
《剛竜剣士ダイナスターP》
《No38 希望魁竜タイタニックぎゃラクシー》
まずラスターが全く強いと思ってなくタイタニック展開ならメルカバーでほぼ同じ展開数でいけるため枠の無駄だと思い早々に切りました
よく言っているののですが魔術師のラスターはたまに強いだけで基本使い辛く個人的にはこの枠は強貪の方が遥かにいいと思います

《妖精伝説シラユキ》
《Emトリッククラウン》
《各種シャドール》
星刻から落とす選択肢用です
最初影依融合とシャドール込みの構築を試したところ影依融合はよいがシャドールが弱く早々に破棄しシラユキもカグツチを入れるような専用構築以外使いづらく順次抜けていきました
クラウンに関してはよさそうの域を超えず結局採用せずに終わってます

《星霜のペンデュラムグラフ》
よく入ってない理由を聞かれますが強い動きを出来てる時に強いカードというのはそれだけで余程のメリットがない限り余り好きではなく慧眼スタートやドランシアを余分に使える展開ならここが他のカードでもよくそれより素引きで腐ることの方が多く感じて不採用です

《黒牙の魔術師》
あったら便利かなと入れてた時期もありましたが効果がぱっとせず魔術師の少ない構築故の浮きも出てすぐに抜けました
魔術師とついているので1枚入れるならって気もしますがあまり魅力的ではないかなと思っています

《竜穴の魔術師》
ないとやばい場面があるだろうとずっと入れていたのですが構築を渡して回してもらった人間全員から使う場面がないと教えてもらい実践では必要ないならとアウトしました
実際なくて負けた場面もありませんので0枚で続行するつもりです

《暗遷士カンゴルゴーム》
聖杯、月の書、コズミック、ドランシアとケアできるものが多く入れたかったのですがスターダストの方が止めれた際のリターンが大きく確実に止めたいカードが多くチューナーが必要とはいえど採用する価値はあると思い泣く泣く抜きました
後述するエシュリオンと共に常に採用する可能性のあるスペックをしていると思います

召喚獣エシュリオン》
超融合とセットで採用したかったのですがエクストラサイド共に枠が厳しく不採用でしたがエシュリオンさえ入っていれば落としてなかったかもしれないシングルが発生に考え直しが要求されているので枠の確保ができないかなと考えている次第です


おわりに
魔術師自体最近リリースされたカードが多くまだまだ構築の昇華が望め新弾後もアドペント含む新規が非常に期待できるためまだまだ考える余地がありそれが楽しみです