読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エヴェで~

山口の下関で遊戯王してます。

メタルフォーゼ(初級プレイ編)

構築の際に書いたことの補足です
思いついたことを空き時間にまとめただけなのでまだまだ出てくる気がしますがとりあえずまとめました
実践でできるかはまた別問題ですがこういうことができるという前知識があれば本番の際役に立つことはあると思います

レアメタルフォーゼビスマギア》
サーチ効果の際考えてること
基本自分のターンに割って上スケールを加えることが多いです
ヴォルフレイム
エクストラにリソースがあまり溜まってない場合などにサーチするため優先度はそこそこ高いです
ミスリエルが場にいて伏せに速攻融合がある際はミスリエルとヴォルフレイムを混ぜて墓地からヴォルフレイムを出すことで間接的にエクストラのリソースを貯めれるので序盤は意識して加えることが多いです
ティエレン
手札から融合してミスリエルを出した際にコンビから蘇生する場面が起こり得る際やヴォルフレイムを残したい時(強貪でヴォルフレイムが2枚なくなっていてデッキにスキルがまだ残っている)などが主に加える時です
打点には換算できないけどコンビからメタルを増やすという行為は行えるのでヴォルフレイムと差別化は一応できています
ビスマギア
基本スケールとして貼ることができる場合に加えます
自ターンのエンドに加える際はミスリエルと混ぜてアルカエストが作れないため手札が強くかい限りサーチする場面は稀な気がします
相手ターン中にミスリエルから出して相手のエンドにサーチ効果を使える場面もあります
エクストラに貯まった際はペンデュラムできないためカウンターからの回収以外有効な活用方法があまりないため目先のアドに騙されないことが大事です
シルバード
手札orトップからラクーンが出せミスリエル効果やコンビで相手ターンに蘇生が見込める時に加えます
ゴルドライバー
ドランシアが生き残りモルモ効果で出したモルモとランク4を狙う時に加えます
ティエレン、シルバード、ゴルドライバーに共通して言えるのですがデッキに決断がある際はまたサーチが変わりますのでそこら辺は臨機応変に考えて下さい
スケールに下スケールがある際に貼られたビスマギア効果は以外とうさぎでそのターン止まることが多いのでメタルにうさぎ入れる行為の是非はともかく場面として遭遇した際は頭に入れておくといいと思います
もちろん下スケールが2でスティエレンビスマギア被りやエキセン持っているなど裏目もありますが残り持っているのが下スケールのメタルだけの確率はそこそこ高いと思います

《マジェスペクターユニコーン
理想のユニコーン生け贄召喚で出すユニコーンなのでそれを頭の片隅に常においています
ユニコーンが召喚無効を踏んだ際はエメラルで戻さない限り一生使えないので慎重に場に送りだす必要があります
ただ神の通告又は警告宣告を使わせたい場合(手札の飛翔がマストカウンターであったりミスリエルから速攻融合からそのターン殺すことができる場合)は敢えて差し出すこともあります
ペンデュラム後にミスリエル効果を能動的に使うために融合効果チェーンで自分のメタルと相手のモンスターをバウンスして手札から敢えて融合することで融合とそのメタルでミスリエルの墓地コストが確保できます
メタルのスケールが偏ってる際などにミスリエルを無理矢理作り生け贄ユニコーンからミスリエル効果でエクストラか墓地から足りてないスケールのメタルを出しユニコーン効果で戻しスケールを揃えることもあります
スケールに貼ってからメタルで割る際にコズミックを喰らう可能性があるのでそこのメタル魔法罠のアドとユニコーンを失うことでなくなる潜在的なアドがどっちが大事かも考える必要があります

《十二獣モルモラット》
基本会局が入っていてモルモしか採用してなくても召喚時の効果の発動はしません
メタルにおけるモルモラットの最重要目的はとりあえずドラコニアの回収だと思っているのでブルホーンのサーチ効果の前にうさぎを喰らうのは避けたくまずブルホーンのサーチから行います
ただインヴォーカーから入ってる際などGが無いと断定できる際は特殊効果から入りうさぎの被害を軽減させます
メタルのモルモ展開した際の最大火力はエメラルでアダマンテ蘇生の4300ですが基本はヴォルフレイムを蘇生で4200(ヴァイパー有りなら1200追加)です
ゴルドライバーやシルバードでも人を殺せる打点に成りうるのでエメラルの蘇生効果は常に頭に入れておく必要があります
召喚時にGを投げられた際は動かずにメタルで割ってカウンターコンビを構えてターンを返すことが多いです

《エキセントリックデーモン》
オススメ略称はキックモンです
イラストも足をあげているため大変マッチしてると考えられます
インヴォーカーにむかいやすくなったりビスマギアも狙いやすくなり初動としては非常に屈強な場が作りやすくなります
カウンターの能動的な発動に使用や魔力の泉適用中はノーコストで相手の伏せを割放題できるのは知っておきましょう
効果がシンプルで強いためあまり意識して何かを行う場面はない気がします

《ドラコニアの獣竜騎兵》
スケール効果は割と意識してみて下さい
速攻融合からのワンキル、スケール確保、ゴルドライバーサーチからのエクシーズなど恐らく見えてなかった世界が広がるはずです
テキスト通り周辺国が警戒するのも納得の強さを持ってます

《強欲で貪欲な壺》
発動のデメリットと相談が必要です
このデッキの飛ぶとまずいカードは融合、ユニコーン、ドラコニアがやばく次点で速攻融合、コンビ、カウンターかなと思っています
メタルで何を置くかがかなり場面場面で難しく手札次第だと1ターン待つことすらあります
ただメタルにおける1枚手札が増えるということはとても大きいので時にスタートで割り切り打つ勇気も必要になります
打つ際に腐る可能性があるのは決断、スキル、モルモです
モルモはドラコニアが加えれるなら別に飛んでもいい場合が多くそこは気にする必要ないと思います
メタル魔法罠をどこまで置くかは手札により異なりますのでよく考えて発動する必要があります

《十二獣の会局》
モルモを召喚権使わず出します
ただそれだけですがメタルは発動までにGの確認ができることが多く
【例:ラクーンシルバードヴォルフレイム会局】
 ラクーンからユニコーンを加えてユニコーン、シルバードをスケールに発動
 シルバードでユニコーン破壊して融合以外のメタル魔法罠をセットしヴォルフレイムを発動
 ここでGがなければ会局でシルバードを破壊しモルモ展開をしてヴォルフレイムでラクーンを割り融合をセットすると
 ドランシアエメラルミスリエル+2ドロー(1ドローはペンでゅラム前なので引いたカードより+αが起こる)
 Gがあるならユニコーンを出しヴォルフレイムでシルバード破壊で手札に会局温存
みたいな動きができます
会局で会局を割らずに最後にメタルを割ってドランシアに入れると少しお得になります

《メタルフォーゼカウンター》
ビスマギア絡みなら優先して置くことが多いです
除外効果を使うと基本1枚の採用なので二度と使えなくなるのでほんとに除外が必要かは考えましょう
ミラーなどではミスリエルで戻し何回も使う場合もあります
出す理由としては
ヴォルフレイム
打点として生存させる際やメタルミラーはヴォルフレイムを集めるゲームなので出すことが多いです
ティエレン
デッキにこいつしかスケール8が残ってなくてスケール8が欲しいみたいな場合くらい出すことないです
昔ヴェルズ相手にオピオンカストルケルキみたいな場でライフ守るために出したことがあるくらいです
ビスマギア
効果でエンドにもスケールを確保できるので余裕あるなら割と出したいです
ただヴァイパーに飛ばされるのでそこは考慮しておきます
シルバード
結構頻度高いです
シルバードだとそのまま生き残ったりミスリエル効果から出したりした際にラクーン等からブレイクソードで場を掃除してから動けるため割と率先して出したいです
ゴルドライバー
打点としてやランク4からの返しを狙う時です
シルバードの方が多いですがゴルドライバーもそこそこの頻度で出してる気がします
基本は相手ターンに打てる時は割とすぐに打ち自分のターンに回収効果を使えるようにしときます
ただしノイド相手だけは裏目があるので発動タイミングは1考の余地があります
ミスリエル効果で墓地のカウンターとメタルカードを対象にとりチェーンカウンターを発動しても効果は適用されるのは覚えといて損はないです
ほぼ今は採用されてませんがΩを出してる時はとりあえず自分のドローフェイズにカウンターの回収効果を使っといてΩで戻すとなんかオシャレです

《メタルフォーゼコンビネーション》
サーチ効果では無く墓地からメタルを蘇生する効果を常に狙うようにします
理想のコンビの使い方は相手のエンドにミスリエルを混ぜてオリハルクを出して素材のミスリエルを特殊する動きです
基本これに成功したら勝ちます
コンビは割ってサーチも重要ですが残しながら毎ターン蘇生効果を狙うのが理想です
単純なボードアドバンテージだけで破壊せずミスリエルの節約や召喚無効を踏んだメタルをエクストラに戻して行くなど長期戦になるとどんどん強くなりますのでその破壊が必要かはよく考える必要があります
特にミラーは破壊するのはよろしくなく破壊した際は早い段階でミスリエルで戻しましょう
一応最近のデッキだとファーニマル、捕食植物、召喚獣の融合にも対応してるので頭に入れておきましょう

フルメタルフォーゼアルカエスト》
一応自分のモンスターが対象にとれるのと通常モンスターは対象にできないことは覚えておきましょう
またバニラを混ぜる必要があるのでビスマギアミスリエルなどで作らないように気をつけて下さい
自分のモンスターを装備することはまだやったことなくユニコーン、ミスリエル、オリハルク等をヴァイパーから守るくらいしか思いつきませんがそういうことがあり得るのかはわからないです

《メタルフォーゼミスリエル》
細かく書くとホントに無限にありますがミスリエルのできることでよく起こることだけを
展開に使ったコンビを戻す
速攻融合を手札に戻しワンキル
融合の発動回数を+1回増やせる
ミスリエルを混ぜて融合を行い擬似的な蘇生として使いエクシーズをする
って感じて他にも自分の虚無魔人や虚無空間に最近減ってますがラスターや自分のメタルや使い終わったエメラルなど自分のカードを戻せるということは常に念頭に置いておきましょう
2体目のミスリエルはなんとしても効果を通さないといけないのであまり適当に出すのは辞めてしっかり使う必要があります

《メタルフォーゼオリハルク》
墓地効果の破壊効果は特に特別な使い方はなくメタルミラーで相手のミスリエルで自分の裏で置いたコンビを手札に戻された際にオリハルクから無理矢理割ってスケール揃えたりカウンターを機動するトリガーにすることがたまーにあるかなってぐらいです
貫通倍の効果は常に狙います
最大打点はカーディナルの6000ダメージです
昔はカステルや皆既日食が入ってたりで少し違ったのですが今は表示形式はほぼ対戦相手依存になってしまいます
眠り+モルモの様な特別なキルルートが存在するわけでもなく偶発的なキルで使うためここでって使い方はないですがメタルミラーの詰めの場面でアルカエストでミスリエルを餌に効果を使わせてそのミスリエルをブレイクソードや2体目のミスリエルで装備から外しオリハルクの貫通で殺すのは割とやります

《幻影騎士団ブレイクソード》
多分エクシーズでドランシアエメラルの次がそれと同等レベルで使います
相手の場の干渉っていう目的の他にメタルにおいては付属効果が
・コンビ、融合の能動的な破壊
・カウンターの能動的な発動
・シルバードを墓地に送る
ということが有りどれも結構文面で見る以上に大事です
前2つは言葉通りなのでわかると思いますがシルバードを墓地に送ると
墓地からコンビで蘇生する
ミスリエルの弾の確保ができる
という2点があります

《ダイガスタエメラル》
構築編の方に大体書いたのでそっち読んで下さい
先攻のエメラルは大体の場合ブルホーン、タイグリス、モルモをもどしてます
あとアダマンテも蘇生できるの書くの忘れてたので一応頭に入れておくといいです

《十二獣ドランシア》
自分のカードを破壊するケースが
・自分のコンビを割りカウンターを起動させてメタルを増やす
・バトル中にミスリエルを破壊し打点のかさ増しを行う
・応戦するGにチェーンして融合を破壊し融合の除外を防ぐ(ただし先攻展開の際素材はなくなるのでどっちを残すかになる)
・ビスマギアをエンドに割りメタルを回収する
またモルモを1体エメラルで戻している際に生き残った場合はタイグリスからモルモを装備してモルモを特殊してゴルドライバーなどとダイヤウルフを作り伏せを剥がしながら展開することが理想です
表示形式はヴァイパーの採用関係なく縦で基本出します

深淵に潜む者
主な相手はライトロード、ファーニマル、インフェルノイドです
ノイド相手は意味ないように見えますがヌトスを止めれるので擬似的な煉獄の虚夢ケアになります
またミラーでもたまに強い場面がありますがサイドに入れてる際は入れ替えるカードがないので難しいとこです
先攻のモルモ展開の際ファニーマル相手だけは障壁か応戦を引いてない場合はエメラルより深淵を出します
ライトロードにも深淵行くことが多いですがエメラルにも行くことがあるのでそこは手札次第です
また海皇、彼岸、AF、カエルなどの地雷枠にも入れれるのとエクストラであるため引くという行為が必要ないのが優秀です

ホープセット
理想を言うなら入れたいけど枠がありません
ミラーのカウンターやミスリエルを無視
ノイドのリリスやkozmoのシミターの様な厄介な打点の処理
などあるとかなり楽になるんですが2枠が重くて僕は今現在は採用していません
また想定していない場面でも怪獣の打点を越える際やメタルの性質上低い打点のモンスターも縦で出されやすくそこをついた急襲など採用してればと悔やむところも多くカーディナル、ダイヤウルフとの変更は常に考えているところです


メタルというデッキはメタル魔法罠が4枚という必須だけど引きたくないカードが入っているため極力ごみが入れる必要がない無難なカードで固めて常に[安定してメタルを回す]という行為を徹底した構築にするのがいいかなと思います

メタルは本当に選択肢が豊富です
選択肢が多いということはフィールドの完成度や返しの対応力などあらゆる面において利便性を発揮します
メタルが難しいと言われる所以ですがメタルが本当に楽しい理由でもあります
頭の体操がてら回してみるのも楽しいと思いますよ