エヴェで~

山口の下関で遊戯王してます。

征竜のメインの採択

これからお出かけで2時間程時間あるのでメインのカードについての自分なりの意見をまとめる感じで書いていこうかと

征竜20枚はスルー
リアクタン3枚目だけはちょっとありうる選択肢だけどまぁ基本的に20枚が安定だと思うので

増殖するG
征竜戦最強の手札誘発
最近は乙女の影響で魔導にもほんの少し打ち所がありますね

エフェクト・ヴェーラー
手札誘発で唯一相手に直接干渉できる妨害札
レベル1チューナーである点も征竜だと非常に大きいです
魔導戦は乙女のワンキル抑止と銀竜の誘発阻止バテルに発動し止まってくれるのをお祈りするぐらいしか仕事がありません
征竜ミラーは一転ヴェーラーをどこで使わせるかがかなり重要になりビッグアイ、クリブレ等通したいモンスターのために消費を相手に求めさせないといけませんが、相手依存になりこれが非常に難しい
最近はライボルの存在もあり征竜戦における握っている安心感が少し小さくなってる気がします
ぼくは基本的にクリブレに的を絞りライフ等の細かい場面で変わるのですが二枚目以外はその他のカードに安易に発動しないようにしてます

ドロール&ロックバード
本来強いはずがないサーチを1度で終わらせるカード
最近は自分のターンに神伴を回すより相手ターンに回すのが主流になり少し打ち所が難しい札になりました
征竜相手には宝刀等に当てれたら色を減らせる可能性がありますがこれもプレイで逃げれ部分があるので発動ができる場所があるって感じですかね
風属性なのでテンペストのコストになるのがすごく重宝します
超再生の威力が変わるのでメインに1は欲しいかな

速攻のかかし
対征竜のワンキルを妨害するカードとしてサイドに採用されていた札ですが最近の魔導のワンキル能力の向上や、メインに入っていないレシピの浸透のためメインのごり押しで殺されることが増えたためメインの採用が流行ってきてます
櫃が間に合う、地属性であると征竜と大変相性がよく、ヴェーラーがない手札の際に持っていれば積みゲーを回避することもできるので疑似ヴェーラーの様な使い方もできることがあります
クリブレのケアもできます

デブリドラゴン
ライトニングからのブラックローズ、親征竜との星態竜などになれます
星態竜が乙女、かかしのタイミングを逃させるため星態竜の評価が上がりか最近は割りとメインに入ってるレシピが多いように感じます
テンペストでいつでも持ってこれるので1枚あるだけでしっかり仕事のできる札ですね

ドラグニティ・コルセスカ
テンペスト対応のレベル1チューナー
とにかく使いやすい札だと思います
征竜ミラーの際にかなり使用場面が多く各種レベル8を簡単に出すことができます
ただ個人的にはこれがなくてもミラーは試合運びで取れると感じており個人的には採用にはあまり前向きではありません

デルタフライ
トラドラと星態竜になれるチューナー
使ったことがないんで強いかどうかはよくわからないのですがそこまでトラドラの必要とする場面はないと思うのでオーバーキル気味な札な気がします

七星の宝刀
被ると弱いため一枚のレシピも多いですが手札誘発を引き込める点、征竜最強カードの超再生能力を引き込むなどかなり採用するメリットの方が大きいと感じています
宝刀発動時の超再生は基本的に4枚ひけるのでかなり相手を引き離すことができます
このカードは発動タイミングによって強さが変わるののでしっかりその場その場で強い発動を心がける必要があります

封印の黄金櫃
征竜における増援の役割を持ちつつ2ターン後にさらにアドを稼ぐ便利な1枚
最近魔導相手に打ちづらいので減少されてるレシピも見ますがぼくはこのカードの有無で魔導の勝率がかなり変わると思っていて減らす選択肢はないかなと思ってます
相手次第でサイドで減らすことはありますが基本的にこのカードがあるなしで征竜の回りがかなり違うため極力減らしたくないです

ライトニング・ボルテックス
近畿CS付近で採用され始めてます
魔導相手に前衛の魔法使いを全除去できるのと征竜相手にもブラホと違い最後まで打たずにおいておけるのでワンキルに貢献してくれる1枚
枚数は個人差が出ると思いますし難しいとこだと思います

月の書
ヴェーラー回避、クリブレを通しにいく、魔法使いを裏返す等柔軟に対応できる札。
相手に依存しないでいつでも打てるので便利ですね
速攻魔法なのでトーラにチェーンできるのも評価が高いです

禁じられた聖杯
無限ギガン、トーラにチェーンしてのシステムモンスターを黙らせる、クリブレ対策等少しクセがあるものの使い道が多いです
どの枚数でもありだと思います

死者蘇生
カイクウ無視で征竜を出せたり、ミラーで相手の色を減らせたりする個人的には評価してる1枚
親を1体追加できるは征竜においてかなりキルラインが広がるのでジョウゲンに弱い等の欠点がありますが強い札だと思います


異次元からの帰還
対征竜、対魔導においても発動したらほぼ勝ちに繋がる壮絶パワーカード
採用されない場合はやはり罠故の1ターン置かないといけない弱さが目立つのが理由だと思います

激流葬
魔導にも征竜にも後打ちができる全体除去
征竜相手には微妙ですが魔導には上手くいけば場のシステムモンスターを全滅できる可能性のある札ですね
後打ちができるというのは大変大きく、先攻と後攻をひっくり返したり空白の1ターンに攻めきりにいったりと発動さえできたらかなりペースをつかめるいいカードだと思います

闇のデッキ破壊ウィルス
長期間に渡り対魔導の最有力メタとして君臨していた1枚
魔導側が永続罠、カイクウの複数枚採用で発動して場が空いてしまった故に殺される事も増え、そもそも発動すらできずに負けてしますことも多々発生して段々と下火になっていきました
しかしこちらのターンに神伴を回される際は回収カードを全部落とすことができ、メインの状況だと罠も薄いため、カイクウのケアをできる状況における発動さえ心がければまたメインでの採用はいいんじゃないかと考えてます
特に闇がある際は宝刀や櫃を気兼ねなく打てるので自分が好きなだけ動かし、相手の返しをシャットアウトできるのがいいですね


とりあえず思い付いた物だけを簡単にまとめて見ました
電車の中で思い付いたままに書いてるので文章のおかしいところやそもそも理論がめちゃくちゃなとこもあると思いますが少しでも環境最後ですが参考になれば幸いです